TOP > nova ニュース
 ← usj お土産 | TOP | 自虐の詩 漫画

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


nova ニュース 

2007年11月03日 ()
nova破綻後の授業料、信販が引き落とし分返還
日本経済新聞
英会話学校最大手のnovaが会社更生法の適用を申請したことを受け、信販会社がいったん銀行口座などから引き落とした破綻後の受講料の利用者への返還に動き出した。 信販各社は利用者と受講料の分割払い契約を結んでいる。企業の倒産などでサービスが受けられなくなった ...(続きを読む)


nova清算なら債務超過1000億円 受講料の返還困難に
中国新聞
会社更生法の適用を申請した英会話学校最大手、novaが会社清算した場合の実質的な債務超過額が、一千億円近くに上ることが一日、分かった。資産価値が帳簿上の評価の十分の一程度にとどまるためで、支援企業が見つからずnovaが破産すれば、三十万人を超える受講生への授業 ...(続きを読む)


ジャックス、novaとの取引で10億円損失
朝日新聞
信販大手ジャックスは2日、倒産した英会話学校novaとの取引で約10億円の損失が発生することを明らかにした。9月中間決算で5億円を引き当て、残りは08年3月期決算で処理する。 同社は、今年2月までnovaと加盟店契約を結んでいた。受講生がnovaに払う受講料を立て替えて一括 ...(続きを読む)



NOVA の様な、バブリーな手法が、なぜ今まで続いた...
マイカルやダイエーや「そごう」は、たしか強引な店舗拡大路線で失敗して破綻したんですよね。それらの失敗例と、今回のNOVA破綻は、どうちがうのでしょうか? ワンマン社長を誰も止められなかったのでしょうか。(続きを読む)


いきなり失業したNOVAの講師ブログ!
『日本に来ていきなりNOVAなくなっちゃった』と題されているブログで、ふたりのアメリカ人NOVA講師がいまの現状をつづり、大きな話題になっている。なんでも、アメリカの大学を卒業したのち、夢と希望を持って日本に来日したものの、たった1か月でNOVAに ...(続きを読む)


[英語問題]NOVAに群がるような日本人は、どうしてこうもバカなんで ...
mixiの英語教育コミュのあるトピックに、おもしろい問題提起があった: 日本人、どうしてそんなNOVAみたいな英会話学校に群がったのか?一体、日本の英語教育のどんな状況が、NOVAのような英会話学校に人気を持たせる現況となったのか。 ...(続きを読む)



お礼500枚です。お願いです。助けてください。今話題のNOVAの途中解約について
お礼500枚です。お願いです。助けてください。今話題のNOVAの途中解約について今ニュース等で話題になっていますが、私もNOVAのポイントとヴォイスのチケットを購入(約50万円)しましたが、仕事の関係で、半分も使用しておりません。ちなみに、購入時にまとまった大金がなかったので、学生ローンというローンをNOVAで薦められて、それでポイントを購入しました。現在、ポイント有効期限の3年が近づいています。これって、今でも途中解約が可能なのでしょうか?私の都合ですので、全額が返ってってくるとは思っていませんが(裁判ではNOVAが敗訴していましたが...)、ほんの小額でもいいので返ってくるのでしょうか。無理なら諦めますが、もし、可能ならその方法をお教えくださいませんか?NOVAに直接、その旨(=解約したい)を伝えて、すんなりといくものなのでしょうか?そんな事をすれば、うまく丸め込まれてしまいそうです。もしくは、消費者センターか何かに相談したほうがいいのでしょうか?その点、どなたか詳しくお教えいただけないでしょうか。どうか宜しくお願いいたします。(続きを読む)


少し遅い質問ですが、先日NOVAの長期契約の割引特約の途中解約についての判決が出...
少し遅い質問ですが、先日NOVAの長期契約の割引特約の途中解約についての判決が出ました。中途解約時のリスクを利用者が負担しないのであれば、長期割引のメリットの存在が皆無というとらえ方が可能になってしまいます。もちろん経費や手間のメリットが存在しますが、それはあくまでも微々たるもので、最大のメリットはその期間の利用の確保であると私は思います。また、その企業側のメリットが叶う事によって、利用者にとってのメリットである割引が可能になり、魅力が生じています。「中途解約時のリスク」の根本的な発生源は「利用者のメリットである割引」です。その「メリット」は、中途解約をしないという前提である「長期契約をする事」によって約束された「利益」であると私は思っています。例えば何かのサービスが10回100円であるとするなら、50回4000円にすることによって利用者の確保を目的のサービス。これが長期割引の利用方法であると思います。このような割引サービスは、あくまでも利用者が50回利用する事を約束された上で成立する「割引」サービスです。これが10回であろうとも解約可能であり(これは当たり前であると思いますが)一回あたりの利用料金が単純に支払った対価を割り算をされ、1回80円で計算されて返還されるのであれば、企業側は「割引」の根拠が無くなってしまいます。確かに経費や手間によるメリットは微々たるものながら存在する以上、完全には無くならないでしょうが、最大のメリットである長期契約のメリットが認められなくなった以上、相当量のサービスが無くなるのではないかと思っています。それこそ喫茶店からクリーニング屋さんにまで浸透している「まとめ買い割引サービス」の存在意義が失われたと思っております。私の考えは杞憂であり、間違っておりますでしょうか?(続きを読む)


たこウィンナー
たこウィンナーたこウィンナーの足は何本に切っていますか?私は真面目に8本に切って1本ちぎれてしまったりするのですが、NOVAのCMで4本しかないたこウィンナーをみました。(続きを読む)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.03(Sat) 15:34] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← usj お土産 | TOP | 自虐の詩 漫画

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。