TOP > 山中伸弥教授
 ← 炎ジョイ | TOP | 金田一少年の事件簿 亀梨

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


山中伸弥教授 

2007年11月22日 ()
ヒトの皮膚から万能細胞 京大チーム成功
ヒトの皮膚細胞から、あらゆる細胞に分化できる「万能細胞」を作ることに、京都大再生医科学研究所の山中伸弥教授らが初めて成功した。ヒトの胚(はい)性幹細胞(ES細胞)とほぼ同等の能力があり、受精卵を使わないため倫理的な問題も回避できる。 ...(続きを読む)


ヒトクローン胚研究を断念 「ドリー」誕生の英博士について
京都大の山中伸弥教授らが研究している別の手法の方が、治療用の万能細胞づくりには有望だと判断したためという。 ウィルムット博士は今後、山中教授の業績を参考に新たな研究に取り組むとみられるが、クローン研究のパイオニアの方針転換は、世界の研究 ...(続きを読む)


幹細胞は、Media Pointから説明できそうである
日本の新しい方法は、マウスの皮膚の断片からさまざまな臓器になり得る幹細胞を生み出すもので、京都大の山中伸弥教授らが昨年8月に論文で発表した。これにより、ヒトの胚(受精卵)を利用する必要がなくなるという。 ...(続きを読む)



人工多能性幹細胞の作製成功でローマ法王庁、「倫理的問題とみなさず」
AFPBB News
5000の皮膚細胞から1個の人工多能性幹細胞の作製に成功した京都大学(Kyoto University)の山中伸弥(Shinya Yamanaka)教授は前年、バチカンで同アカデミーの研究に参加したという。 同アカデミーは1994年、生命の向上や保護、とりわけキリスト教倫理や教会の指導内容に ...(続きを読む)


ドリー生みの親 クローン研究断念
MSN産経ニュース
京都大医科学研究所の山中伸弥教授らがマウスの皮膚細胞から新たな「万能細胞」をつくるのに世界で初めて成功したことに注目、研究方針を切り替えるためという。 クローン研究のパイオニアの転換は世界の研究者に衝撃を与えそうだ。 ヒトクローン胚からはさまざまな臓器や ...(続きを読む)


今日のマスコミ
JanJan
京都大・再生医科学研究所の山中伸弥教授らは、人の皮膚細胞に複数の遺伝子を組み込み万能細胞(人工多能性幹細胞=ips細胞)をつくることに成功した。人間の体細胞から万能細胞ができたことで、臓器や組織を補う再生医療が現実味を帯びてきた(各紙) ●国営諫早湾干拓 ...(続きを読む)




スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.22(Thu) 20:20] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 炎ジョイ | TOP | 金田一少年の事件簿 亀梨

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。