TOP > 上田桃子 部ログ
 ← 鉄道博物館 ブログ | TOP | 紀元会 長野

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


上田桃子 部ログ 

2007年10月17日 ()
見てみたいペアリング
見てみたいペアリング今年も国内女子ゴルフは盛り上がっています。もし、皆さんがツアーの組み合わせを決めれるとしたらどのようなペアリングを見たいですか?私なら①木村敏美・金田久美子②上田桃子・藤田幸希③藤井かすみ・横峯さくらそれぞれ3人目は当たりさわりなく外人選手。いろんな意味で精神力が試され、面白いと思うのですが(笑)(続きを読む)


ドライバーのスウィング時に①ソフトなグリップで力を抜いてテイクバックする。②切...
ドライバーのスウィング時に①ソフトなグリップで力を抜いてテイクバックする。②切替後クラブの重力自体で下に落とす。③インパクト直前から力を入れスウィングを加速する。ことを念頭においています。ところが、①③はなんとかできていますが②はコックのリリースを遅らせることと理解していますが全くできません。無理にやろうとするとクラブが手前でダフったりするので怖くてできません。これをうまくできる練習法はないでしょうか?HS41m/s、平均スコア95のアベレージゴルファーです。(続きを読む)


日本では、敵無しというぐらい強っかた宮里藍選手が、LPGAツアーで勝てないのは何...
日本では、敵無しというぐらい強っかた宮里藍選手が、LPGAツアーで勝てないのは何故でしょう。昨日の全米女子オープンに参加した、大山志保選手や横峯さくら選手の活躍を見てしまうと(最終的には、宮里選手の方が上位の成績ですが)、やはり距離的(特にキャリー)ハンデはどうしようもない気がしてます。単純に飛距離が全てのスポーツではありませんが、現在のパワーゴルフが主体のアメリカのコースでは、ラフでの対応を含めて、ヘッドスピード(パワー)の依存は高いように思えます。その点、横峯選手や大山選手、そして昨年のミズノクラシックでも輝きを見せている上田桃子選手の方が、海外向きのような気がするのですが、買い被り過ぎでしょうか。(この3名は、飛距離以外の技術も揃っているということで、ピックアップしています)以上、個人的な見解ですが、宮里選手が期待以上に活躍出来ない理由と、海外で活躍出来る資質について、ご意見頂けると幸いです。(宮里選手以上に海外で活躍出来るゴルファー は居ますか?)(続きを読む)



富士通レディース、上田桃子ら3人が首位発進
読売新聞
4バーディー、ノーボギーで回った上田桃子、5バーディー、1ボギーの飯島茜、パー5を2打で上がるアルバトロスを記録した李知姫(イチヒ)(韓国)の3人が4アンダーで首位に並んだ。アルバトロスは女子プロ史上7人目。不動裕理、大山志保は1アンダーで15位。 ...(続きを読む)


さくら 3位浮上で桃子と直接対決
スポーツニッポン
賞金ランク1位の上田桃子(21)は69の通算7アンダーで首位をキープ。史上最年少(96年福嶋晃子の23歳を更新)の賞金女王の座を狙う2人が最終日最終組で直接対決する。 【第2R成績】 序盤で早々と優勝戦線に浮上した。首位に4打差でスタートした横峯は、4番 ...(続きを読む)


横峯と上田の女王巡る戦いに注目!/マスターズGCレディース
日経ゴルフガイド
今年は、横峯さくらと上田桃子の賞金女王を巡る戦いが見所となる。前週の「富士通レディース」で上田とのプレーオフを制して賞金ランク2位に浮上した横峯と、ランクトップに立つ上田。2人の差は約1270万円となっている。今大会で、その差を大きくするのか、もしくは順位が ...(続きを読む)



上田桃子
急上昇ポイント: 131.(続きを読む)


横峯さくらが上田桃子を撃破
女子ゴルフツアーの富士通レディース最終日で、横峯さくらが上田桃子との激闘を制したらしいぞ。今季3勝目(通算8勝目)で獲得賞金は史上6人目の1億円突破となり、ランクでは上田に次ぐ2位に浮上。 さくら 桃子撃破して1億円突破 ...(続きを読む)


上田桃子
サンケイスポーツ第1ラウンドでは、前週で今季獲得賞金1億円を突破した上田桃子(21)=顔写真=と今季2度目となる“同門ガチンコ対決”。日本一の称号を引っ提げ、2週連続優勝&大会連覇を目指す。 涙の日本一から4日。諸見里の明るい声が会場に ...(続きを読む)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.10.17(Wed) 10:52] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 鉄道博物館 ブログ | TOP | 紀元会 長野

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。